理念・方針

  • 理念

    その人らしさが輝き、寄り添いと温もりのある看護

  • 方針

    1. 患者さまの安全を保ち、24時間がリハビリである生活過程を整えます。
    2. 自己の選択を尊重し自立に向けたリハビリ看護。介護を提供します。
    3. 看護さまやご家族に寄り添い、心のこもった対応をします。
    4. 他の専門職と協働した医療を提供します。

看護部長あいさつ

わたしたちの病院は、患者さまの幸せ・満足に貢献するため、2003年に設立された回復期リハビリテーションの専門病院です。
脳血管疾患や大腿骨骨折など回復期リハビリの適応となる患者さまを急性期病院から早期に受け入れ、ADLの向上や社会復帰を目的に、集中的なリハビリテーションを行うのが、わたしたちの使命です。
患者さまを中心に関わるすべてのスタッフが一つになり、共同でプログラムを作成し、これに基づいて毎日のリハビリを実践しています。

看護部長 國分 始子

チーム医療

埼玉みさと総合リハビリテーション病院は、医師、リハビリテーションスタッフ、MSW、心理士、薬剤師などと協働で患者さまの自立に向け積極的なケアに取り組んでいます。

ページTOPへ